Healthy Skin

しわやたるみを簡単に改善できる【クリニックに相談】

皮脂や角質の詰まりが原因

早い段階で治療を受けたい

ウーマン

白ニキビは初期段階のニキビなので、まだ炎症を起こしていない状態です。
毛穴に皮脂や古い角質が溜まってしまい、毛穴を塞いでいる状態ですが、黒ニキビや赤ニキビとは違い、早い段階で適切な治療を受けると、炎症を防いで、ニキビを目立たなくすることができます。
東京の美容皮膚科のクリニックでは、ビタミンA誘導体のトレチノインの外用薬を処方してくれます。
洗顔後などの清潔になった素肌に適量をなじませることで、お肌の状態が改善しやすくなります。
白ニキビを放置すると、悪化してしまうので、早めに治療を受けると、ニキビ跡などを残さずに治療ができます。
東京の美容皮膚科のクリニックでは、専用の器具を使って、古い角質や皮脂を押し出す治療法も行っています。
白ニキビを目立たなくしたり、炎症を防ぐ効果があるので、幅広い年代の人が治療を受けています。
安全性が高く、痛みもほとんど感じないので、安心して治療が受けられます。
白ニキビは古い角質や角栓が溜まっている状態なので、東京の美容皮膚科では、保険適用外の治療になりますが、ケミカルピーリングによる治療を行っています。
白ニキビが気になる部分に、専用の薬剤を塗っておくことで、古い角質が剥がれやすくなり、皮膚の新陳代謝を高める働きがあります。
東京の美容皮膚科のクリニックでは、豊富な知識や経験を持っている医師が在籍をしており、一人一人の皮膚の状態に応じた治療を行っています。
まずは根気よく外用薬を続けて下さい。

毛穴の詰まりを防ぐ

女性

顔にポツポツと小さな白い突起ができたら、白ニキビの可能性があります。
白ニキビは毛穴に皮脂や角質が詰まって膨らんでいる状態ですが、まだ炎症は起こしていません。
むやみに触ったり潰したりすると、細菌に感染して赤ニキビになったり、色素が沈着して黒ニキビになったりします。
こうなると治療に時間がかかり、跡が残る恐れも出てきます。
白ニキビができたら、早めに適切な処置をすることが大切です。
東京の皮膚科では、白ニキビ治療にディフェリンゲルやトレチノインなどの外用薬が処方されます。
いずれも皮膚を強制的にターンオーバーさせ、毛穴の詰まりを取り除く作用があります。
ディフェリンゲルには保険が適用可能です。
白ニキビの中身を、アクネプッシャーという器具で押し出す治療方法もあります。
東京の皮膚科では保険で治療を受けることもできますが、数が多い場合は自費診療になるのが普通です。
早く治したくても、自分で潰さず専門の皮膚科にかかるほうが安全です。
また東京ではケミカルピーリングを行っている美容皮膚科もあります。
エステサロンよりも濃度の高い薬剤を使うため、大きな効果が期待できますが、そのぶん肌へのダメージも大きくなるので、十分なスキンケアが欠かせません。
初期の白ニキビは適切な洗顔や生活習慣の改善で治ることも多いものです。
しかしなかなか治らないときは、東京の皮膚科や美容外科で、専門的な治療やアドバイスを受けることをお勧めします。

治療メニューが充実

ウーマン

ニキビの症状にも段階があり、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビと進行していきます。
さらに悪化すると化膿した状態になり、収まっても色素沈着やクレーター状の凹凸が残ることもあります。
そのため、ニキビは初期症状の白ニキビの段階で治療するのが一番適切な対処法です。
東京には二ニキビ治療を得意としている美容皮膚科がたくさんあります。
東京でニキビの処置に苦心している方は、白ニキビの段階で皮膚科にかかりましょう。
美容皮膚科では、光治療によるアクネ菌の殺菌や、ケミカルピーリング、炭酸ガスレーザーなどでニキビ治療が行われています。
東京の美容皮膚科でもこれらの治療が一般的となっています。
光治療は殺菌効果のほか、毛穴の縮小や肌質を改善させる効果を持っており、白ニキビの治療とともに発生させにくい肌にしてくれます。
ケミカルピーリングは、肌表面の角質を酸で除去する施術です。
肌本来のの新陳代謝機能を正常に戻し、肌組織が再生しやすい状況にします。
炭酸ガスレーザーは特に白ニキビ改善に有効で、レーザーで患部に微細な穴を開け皮脂の分解、排出、殺菌をしていきます。
傷跡の心配などもなく、高い効果を発揮します。
東京の美容皮膚科を利用すれば、専門性の高い治療を安全に受けることができます。
美容的な効果も見込めるため、ニキビの治療だけでなく肌質そのものも改善します。
白ニキビは顕著な症状をみせないのでニキビと認識しにくい場合もありますが、小さな変化にも注意し少しでも異変を感じたら受診しましょう。