Healthy Skin

しわやたるみを簡単に改善できる【クリニックに相談】

たるみ改善のために

安全性は確立されています

婦人

たるみ改善効果が期待できるウルセラは、これまでとは違って、皮膚にメスを入れないスタイルのフェイスリフトとして知られています。
施術自体は、一度で完了し、その後時間をおいて、徐々に効果が表れてきます。
2カ月程度で差を実感することができたら、あとは半年から1年程度、その効果を継続してくれます。
「切らなくても良い」というメリットが多くの女性たちの心をつかみ、非常に人気の施術方法の一つとなっています。
では具体的にウルセラでは、どのような施術が行われ、どのような仕組みで皮膚のたるみに作用するのでしょうか。
ウルセラの施術は、専用の機器を用いて行われます。
高密度焦点式超音波で熱エネルギーを生み出し、それを皮膚に照射していきます。
すると皮膚の内部にある細胞がごくわずかに熱損傷を起こします。
人間の体は、自身の細胞が傷つくと、それを修復しようとする働きが生まれます。
細胞を基の状態に戻すため、コラーゲンの分泌が盛んにおこなわれ、その結果としてたるみが改善されていきます。
ウルセラの特徴としては、肌のどの層に熱損傷を起こさせるのかを、比較的自由に決定することができます。
たとえば表皮に近い部位に超音波を照射すれば、即効性を期待できるでしょう。
反対に肌の奥深くにダメージを与えれば、より深いところからリフトアップすることが可能になります。
目的や状態に合わせた施術が行えるという点も、ウルセラならではの魅力だと言えるでしょう。

カウンセリングが大切

レディ

近年、たるみを改善させる効果が期待できる治療法として、注目を集めているのがウルセラです。
ウルセラの特徴は、皮膚にメスを入れることなくフェイスリフトができるという点です。
たるみが気になっていても、手術をするのは怖いと感じていた人にとっても、非常に魅力的な治療内容となっています。
一回当たりの治療時間も短く、一度治療を受ければ、その後数カ月をかけて徐々に効果が表れてきます。
魅力も多いウルセラですが、気になるのは価格についてです。
治療を受ける部位がどれぐらいかによっても、必要な料金は変わってきますが、顔全体に治療を行う場合には、30万円代半ばが目安となります。
とはいえ、何度も治療を繰り返す必要はないので、価格的にも時間的にも、治療を受ける側の負担は少ないと言えるでしょう。
治療をする前の準備としては、まず十分なカウンセリングを受けることが挙げられます。
頬や口元のたるみ解消には、高い効果を発揮してくれるのがウルセラですが、プロの目でチェックしてみると、より効果が期待できる治療方法があるかもしれません。
本当にこの治療方法がベストなのか確かめた上で、注意点なども充分に確認しておきましょう。
特にウルセラでは、治療が完了してから効果を実感できるまで、少し時間がかかります。
どれぐらい待てばよいのかきちんと確認しておくことで、ストレスも軽減できるでしょう。
カウンセリングを行ったら、金属類を外し、必要な場合は麻酔を使って、治療を進めていくことになります。

肌の内部で完結する

女医とレディ

皮膚のたるみに効果的なのがウルセラです。
頬のたるみだけではなく、目元や顎下のたるみまでリフトアップしてくれます。
ウルセラは切ることなくたるみを改善する方法です。
ダウンタイムなしで受けられ、麻酔さえいらないので受けやすい治療方法です。
ウルセラがどのようにたるみに効くかというと、ハイフという超音波による熱を皮膚の内部に当て、コラーゲンを再生する方法をとります。
そのため糸も何も使わずにリフトアップが実現します。
自己復元能力を皮膚の内側から行うので表面は術後キレイなままです。
手術した後でもお化粧をして帰れるぐらい、何も傷つかずに済みます。
ウルセラの効果はコラーゲンの減少によるたるみを直接治してくれるという点と、広い範囲への治療が可能なことから顔全体を持ち上げることが挙げられます。
本来あるコラーゲンの再生能力を蘇らせるので副作用の心配も少ないです。
自分の細胞による再生で若返りが果たせます。
治療は1回で済むので患者の負担が少ないです。
効果が表れるのはその後1カ月から3カ月経ってからであり、徐々に顔が持ち上がっていきます。
少しずつ現れる効果により、周囲に不自然がられることもありません。
自然に顔を変化させられます。
ウルセラの特徴は熱が安定していて高温であり、精密具合もよく、それだけリフトアップの効果が高いとされています。
ハイフマシンの中でもアメリカの食品医薬品局という厚生労働省のような機関に承認を得るほど、その効果が認められています。